複合機にかかる印刷コストやランニングコストとは?

複合機にかかる印刷コストやランニングコストとは?

複合機を導入するにあたって、リース契約をする場合は、リース代以外にランニングコスト(印刷コスト、保守料金)が掛かってきます。 ランニングコストは一枚印刷する度に掛かる費用の印刷コスト(カウンター料金)が該当します。 また、定期メンテナンスや修理代などの保守料金が該当します。 契約を進める前に必ず比較することをお勧めします。

目次

ざっくりまとめると

まずは印刷コストやランニングコストがどういう費用なのか理解しましょう。 印刷コストとはカウンター契約の場合は1枚印刷する度に掛かる費用になります。 また、保守料金(定期メンテナンス、修理代)などの費用もあります。

リース代、印刷コストやランニングコストは メーカー、スペック、印刷ボリュームなどによって料金が変わります。 品質重視、保守重視又は料金重視なのか把握しましょう。 方向性決まってから比較することをお勧めします。

複合機導入に掛かる費用にはどのようなものがあるの?

複合機導入には搬入費、設置費などの初期費用がかかります。 階段作業が必要な場合や、セットアップしてもらいたいパソコン台数が多いと料金が上がります。 もちろ値引きしてくれる可能性があるので値引き交渉してもいいかと思います。 また、リース契約であれば月々のリース代とは別に カウンター料金や保守料金などのランニングコスト(維持費)が掛かります。

ランニングコストは具体的にどのようなものがあるの?

リース代、印刷コスト、保守料金や印刷用紙代が維持費として掛かってきます。 上記料金はメーカー、スペック、印刷ボリュームによって料金は様々です。 各企業によって複合機に求めてるニーズが違うと思うので慎重な見極めが必要です。 すぐに決めるのではなく、比較することをお勧めします。

ランニングコストを抑えるためには?

品質重視なのか保守重視なのか又は料金重視なのか、 企業によって求めている事は様々だと思います。 契約する前に比較する事が重要になります。 また、リース契約進行中の方は2年、3年経過した段階で契約の見直しをする事もいいかと思います。
ページトップへ